〜信濃鶴〜 鶴に釣られて予期せぬ出会い。

 

クレーン=CRANE=鶴

 

 

 

って知ってました?

似てるといえば似てるよね、鶴に。紅白カラーでめでたいし。

湾岸の工場景色とか結構好きです。

 

 

と、そんなわけで今晩のお酒は「鶴」のお酒です。

 

 

 

信濃鶴(しなのつる)

 

いや〜、この酒ぜんぜん知らなんだ〜。

結構いろんなお店を巡っていたり、

ネットとかでも気になる蔵の銘柄とかは

チェックしてるつもりなんですが。

 

まだまだ奥が深いぜ、日本酒の世界。

 

 

どうですか。このラベル。

多分、なんの説明もなければ「知らん酒やわ〜」で

スルーしているかもしれない、王道日本酒ラベル感。

そして鶴がかわいい。

 

 

教えていただいたのは奥村酒店

 

いや、こちらのお店、数は少ないんですが

骨太でいい酒を置いていらっしゃる。

 

訪問した日はちょっと予定があり、

要冷蔵の生酒系は買えないんだよねということで

おすすめしてくれたのがこちらのお酒でした。

 

「火入れですけど、おいしいですよ」と店長。さっそくお店で試飲。

 

 

正直、そんなには期待していなかったのですが、

まず香りがいい!ほんのりメロン系の香り。あれ、吟醸系?

 

「いや、純米なんですけど60%で削ってますね」

なるほど、純米吟醸規格か。どうりで。

 

聞くとここの蔵は石高は少ないものの、

全量純米酒のみというこだわりの蔵とのこと。

 

 

「どのお酒もしっかり米の味があってうまいんです、

そして何よりもコスパがいいんですよ。これでだいたい1000円です」

 

 

 

!!!!!!!!

 

 

 

 

このクオリティでこの価格、

衝撃のコストパフォーマンスでございます。

これはさっそく買いで。店長サンクス!

 

 

というわけで、スペックから。

 

 

・信濃鶴 純米酒

アルコール度数:15%

日本酒度:+4(ネット情報)

酸度:不明

精米歩合:60%

 

かなり情報は少なめですね、ネットでも。

ただ「知る人ぞ知る、こだわりの酒」的なコメントは多いようです。

 

 

では、さっそく一口。

試飲の際は香りが印象的でしたが、果たして。

 

 

香りよし。試飲の際よりも鮮明なメロン系の香り。

ほんのり綿あめ系の糖香もします。

 

味わいは…甘い、まったり、柔らかいファーストタッチ。

からの、下横に感じるほのかな苦み・辛み。とってもバランスがよい。

 

旨い。この価格でこの味は破格と言っていいでしょう。

 

そんな頑張ってらっしゃる蔵はこちら

酒造(株)長生社(杜氏さんのブログです)。

 

 

予期せぬ出会いに対してどうするかって、結構大事だと思うんですよね、この頃。

流れに身を任せ、あえて釣られてみるってのも時にはいいよね。

 

というわけで、今宵も

ごちそうさまでございました。

 

購入元:奥村酒店

価格:720ml/1080円(税込)

※購入当時の情報ですので変更になっている可能性があります。

 


人気ブログランキング