〜クラシック仙禽〜 値千金のドメーヌ&テロワール。

JUGEMテーマ:日本酒

 

 

ドメーヌとかテロワールとか・・・。

のっけからなんやねん、と。

 

 

 

ワインか?ワインなんか?

 

 

 

 

 

・・・・このラベルで?

 

 

どうみても日本酒です、ありがとうございます。

 

 

というわけで、今晩のお酒はこちら。

 

クラシック仙禽(クラシックせんきん)

 

 

購入はいつものタキモト名酒館

 

「モダン仙禽」「せんきん霧降」「Dolce Rosso(ドルチェ・ロッソ)」

などなど、僕のお気に入りの日本酒を醸している

栃木県さくら市は「せんきん(株)」さんのお酒です。

 

こちらの蔵の特徴は、なんといっても

 

「ドメーヌ」。

 

で、どめーぬてなんやねん・・・と冒頭に戻るわけですが。

 

もともとの意味はワイン用語で、

フランスのブルゴーニュ地方にある

「農園のある醸造所」のこと。

要は、原料となるぶどうを畑から作って

ワインを醸しているワイン蔵のことです。

 

翻って日本の場合はつまり、

自前の田んぼで米から作ってる酒蔵、ということです。

 

また「テロワール」にもこだわっていて、

(テロワールもワイン用語です。

気候・地理など作物の生育環境のこと)

仕込み水は米を育てている水脈と同じ水を使っています。

 

 

つまり

 

「超地酒」

 

ってことなんですね。

作るお酒はクリアな酸と濃醇な味わいが特徴です。

 

 

クラシック仙禽(クラシックせんきん) 雄町

アルコール度数:15度

精米歩合:50%

日本酒度:不明

酸度:不明

 

精米50%は純米大吟醸規格。

華やかな香りが期待できそうですね。

 

無ろ過原酒ということは、濃厚な味わいが想像できます。

がいっぽうでアルコール度数が低め。

果たしてどんな味わいなのか、ワクワクがとまりませんね。

 

 

というわけで早速一献。

 

ほんわりとした吟醸香。想像よりは控えめながら、

含み香(口に含んだときの香り)は華やか。

 

アタック(口に含んだときの刺激)は穏やか。

スーッと入って、旨み、甘み、酸がふわーっと口に広がる。

低アルコールならではの穏やかな味わい。

 

う、う、うまい!

力強くも優しい、酸と甘みのバランス感。

 

日本酒度はやや高め、酸度は中程度〜低め、

といったところでしょうか。

 

 

やっぱり、ええ酒飲んで一日を終えると、

なんとも穏やかな気分になれるわ。

 

というわけで、今宵も

ごちそうさまでございます。

 

購入元:タキモト名酒館

価格:720ml/1550円(税別)

※購入当時の情報ですので変更になっている可能性があります。


人気ブログランキング