〜ちえびじん〜 いいお酒といい女の共通点。

JUGEMテーマ:日本酒

酒、飲んでるか〜い!?

 

いや〜今晩もいい酒に出会ってしまった〜。

 

SO、酒も人も、出会いは一期一会なのである。

時がたてば味も変わるし、

同じ銘柄のお酒だってその年毎に味も違うわけで。

 

そんな素敵な出会いの場は、

タキモト名酒館

日本酒好きのパラダイスだ。

 

尋常じゃない数の日本酒が取り揃えてあるので、

京都で日本酒を探すならぜひ立ち寄ってみて。

 

 

ちえびじん

 

さて、本日の晩酌は、こちらのお酒で。

 

メタリックなラベルに、ひらがなの商品名は

棚にならんでいても独特の存在感を放っています。

 

こちらは、我が生まれ故郷である大分県は杵築市の蔵元中野酒造のお酒。

 

大分は味が濃い料理が多く、お酒も甘くて濃いお酒が多いそう。

 

しかしながら6代目の若手社長が目指しているのは、

「甘さを感じさせながらもフルーティな吟醸香が感じられる」お酒。

女性をメインターゲットにしているようですね。

 

というわけで、ラベルスペック。

 

ちえびじん 

特別純米酒 生酒 備前雄町

アルコール度数:15度

精米歩合:60%

日本酒度:-3〜-5

酸度:1.8

(日本酒度・酸度はHPなどから引用)

 

日本酒度が低い。まあ甘口ですね。一方で酸度がそこそこある。

しかも・・・

生酒!

 

 

好みの酒スペックを満たしています〜!ジュルリ・・・おっとよだれが。

 

 

では、さっそく一献。

 

 

香り・・・桃、洋ナシ系の香りがふんわりと来ます。

ええ香りや〜これぞ吟醸の醍醐味(香?)やで。

 

味・・・アタック(口に含んだときの刺激)は優しい。

含み香(口に含んだときに鼻から抜ける香り)もフルーティ。

 

そして、このお酒の特徴はやっぱり濃厚な甘みと旨み。

そして、ただ甘ったるいだけでは終わらない酸がしっかりと効いています。

 

 

う〜ん、うまい。好みの酒でござる。

 

今日のアテは、奥さんが用意してくれた

タコの梅酢漬に、オリーブオイルをたらして。

梅酢の酸味にオリーブオイルが絶妙な果実味を感じさせます。

 

吟醸香のフルーティな香りと甘さによく合う一品でした。

 

甘さと酸。優しさと厳しさ。

表向きの華やかさと、堅実な影の努力。

 

相反する2面が、絶妙なバランスの上で

いったり来たりしてるんだな。

 

いい女といい酒の共通点、なんてね。

ま、女性に限った話ではありませんが。

 

そんなわけで今宵も、

ごちそうさまでございます。

 

 

購入元:タキモト名酒館

価格:720ml/1620円(税込)

※購入当時の情報ですので変更になっている可能性があります。


人気ブログランキング